蒼生 セミリタイア。生きること自体の問いに答える生き方。

小説家兼イラストレーターの蒼生が気ままに書いているブログ。Twitter https://twitter.com/sousei0303 mail: sousei_novel@yahoo.co.jp

振り返ることで人生を豊かにコントロールする技術 セミリタイア

今週のお題「夏を振り返る」

f:id:sousei-syousetu:20190906190150j:plain


 今週のお題「夏を振り返る」

 

今日は夏を振り返る、というテーマで書いてみようと思います。

まず

振り返るという行為には様々な効果があります。

そもそも脳は現在と過去を区別しないと言われています。

・今年の夏は忙しかった。

・夏休みは普段行けなかったあそこに行けたからとても楽しかった。

・海がきれいだった。ごはんがおいしかった。

・宿題を早めに終わらせていれば31日にあんなに苦しまずに済んだのに。

 

こういう事を思い出している時、脳は超時短タイムスリップをしています。

振り返る事で、過去を追体験しているのです。

 

今回はこの脳のタイムスリップ機能を活用する方法を教えます。

 

  

レベル1 楽しかったことを振り返る

  

楽しいことを振り返ると、それだけで幸せな気持ちになります。

家族などとの幸せな一時であれば、

幸せホルモン オキシトシンを想像するだけで出すことができます。

オキシトシンはストレスを緩和し、幸せを感じさせるホルモンです。

そして自己治癒力を高め、脳機能を向上させることができます。

なので、思い出してください。

・家族や友人とのふれあい(ペットでもいい)

・楽しかった、幸せな瞬間

 

仮にもし思いつかないという場合は

日ごろの感謝が足りていないのかもしれません。

不幸は思い込みです。

現に今日昨日、何か食べましたよね?

それ、命でした。しかもそれを作ってくれたり売ってくれた人がいますよね?

それを無視しているから幸せに気づいていないのです。

それに感謝するだけでもオキシトシンが出るはずです。

また誰かのために何かすることでも幸せホルモンを分泌することはできます。

 

➡楽しかった・幸せな瞬間を思い出して、

幸せホルモンオキシトシンを分泌し、自己治癒力を高める。

 

 

 

レベル2 過去を思い出して未来を設計する

 

 SFのタイムスリップものは

現在と過去という別世界を行き来できることに魅力があります。

現在と過去は一直線上の別世界ですが、

実は我々の脳は常日頃からこのタイムスリップをしています。

タイムスリップする目的は何か?

SFものだと、主に

・知られていなかった過去を知るためとか

・過去を変えて未来を変えるためとか、

こういう感じですが・・・この流れから、もうお分かりですよね?

そう、できるんです!

まずは過去を思い出して未来を設計する方法です。

 

これは過去を詳細に思い出すことで可能になります。

必要なアイテムは過去を記録するもの。(SFでいえば歴史書てきなポジション)

手帳またはノート

どっちでもいいです。

手帳は、月単位、週単位、時間単位など 色々ありますが、

自分をどの程度マネジメントしたいかで選べばいいと思います。

時間単位の手帳を使うと時間単位で自分を見直すことができます。

時間単位で管理したい人にはこれがオススメです。

(蒼生も毎年使っています) 

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

目標達成ノート [ 原田 隆史 ]
価格:1728円(税込、送料無料) (2019/9/6時点)

楽天で購入

 

 

そしてなんとなく過ごしていた時間を意識できるように、思い出せるように記録に残します。そこからがスタートです。

・どんな無駄がありますか?

・これからもっと伸びるんじゃないかと思う項目はありますか?

そういう種とゴミを記録によって明らかにし、自分で整理します。

 

そしてその整理をして、未来(近いところだと来月?)

にどんな種を残して育てようか考えてください。

そしてそれを来月のページに書き込むことで、

もう立派な予言の書のできあがり!!

脳はそういうことをされると、無理してそっちに寄せていこうとします。

100%ではないかもしれませんが、

予言の書にちょっとでも現状を近づけようとします。

 

こちらもどうぞ↓ 

www.souseinovel.work

➡手帳やノートを使って過去を振り返り、未来を思い通りに設計する。

 

 

 

レベル3 過去を変える

 これは非常に難しいテクニックです。

しかもこれを必要とする人はごく限られた人々だと思います。

トラウマレベルの嫌なことがある人がそれにあたります。

脳は、多少嫌なことくらいなら、

寝ている間に記憶を整理して、開けづらい場所にその記憶を移動してしまうからです。

多少嫌なことは寝て忘れろ!というのはまさにその通りです。

 

でもイジメや虐待、パワハラなどなど、忘れたくても忘れられない記憶を抱えている人がいます。

多くの場合は精神科にかかり、カウンセリングを受けることをすすめます。

そもそもそういう過酷な記憶は、正常に思い出すことさえ困難だからです。

思い出すだけで精神に相当な負荷をかけてしまいます。

 

でも、蒼生はカウンセリングなしでこれができたので、

自分のやり方で恐縮ですが紹介します。

トラウマを抱えている人の多くは、他人にそれを知られることを嫌がります。自分ですらコントロールできないものを他人に見せたくないのです。

だから自己流ですが以下の方法を紹介します。

 

【方法1】

理性的な自分が、その辛い過去があったときの自分を観察するような形で思い出す。

 

(理性的な自分を保てないならやめてください。)

そして理性的な現在の自分が、過去の自分の思いを共有し、場合によってはアドバイスをしてあげてください。

メンタル的なアドバイスです。

あの時こうすれば良かったああすればよかったは言わないでください。

(虐待されているのに、歯向かえばよかったとか。児相にいけばよかったとかの類)

アドバイスが無理なら感情の共有(理解者のポジション)だけでいいです。

 

 

【方法2】

創作をする

 20世紀の大発見は無意識の発見だといわれています。

意識している自分以外にもっと大きな存在がある。

それどころか、意識の自分は氷山の一角にすぎない。

これを蒼生は子供の頃に読んだのですが、

それ以降人はその意識下により多くのものを持っているという人間観を持つようになりました。

 

でも意識下へのアクセスは非常に難しく、多くの人は夢を見ているときくらいしかできません。

なぜなら無意識化には沢山の情報が詰まっていて、意識が簡単にそれに触れられないようにしているからです。

これは自己防衛です

意識が莫大な情報に接してオーバーフローしてしまうのを防ぐためです。

 

でも安全な方法があります。

カウンセリングでは子供に箱庭を作らせたり、絵を描かせたりします。

そういう創作活動をするとき、人間はどうしても意識では手に負えず、無意識の力を借りなければならなくなるようです。

 

創作の手段は色々あります。

絵を描くのは比較的簡単だと思います。

音楽は、それを習うこと自体が面白いと思います。

物語は、やや難易度が高そうですが、日記的な感じでかくだけでもいいと思います。

 

 

トラウマを解凍する手段として創作を使います。

創作の良い点は、意識がその嫌な過去から分離されることにあります。客観的に見れるのです。

そしてトラウマという過去の嫌なことにまとわりついていた感情的な解釈を自覚し、

それを適宜はぎ取ることができるようになります。

 

そして、次は再創造です。

 

創作は作りものですから、作ることができます。

必要に応じて作り直すことができます。

 

そして作り直されたものを意識が受け取ると、それを真実だと感じます。

 

恐ろしい悪魔だと思っていた影は、実はろうそくの火にてらされた子犬の影だった。

位のところまで変えることができます。

 

これがレベル3脳機能の活用です。

難しいですし、感情的になりやすいものなのであまり多くの人にはすすめられません。

 

でも、思い出すことで自分の中の世界を変えることができます。

SFの、過去を変えて現在も変える

というのは、こういうことで可能になります。

自分の世界の創造神になれば、過去も現在も未来も変えられます。

 

➡脳が現在と過去を区別できない特性を利用し、内容(解釈)を書き換えて違う物語にしてしまう。

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

今年の夏の思い出をぜひ振り返ってみてください。

 

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

  

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

PIXIVFANBOX https://www.pixiv.net/fanbox/creator/40704350 

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel