蒼生 ゲーム開発開始! 生きること自体の問いに答える生き方。

小説家兼イラストレーターの蒼生が気ままに書いているブログ。Twitter https://twitter.com/sousei0303 mail: sousei_novel@yahoo.co.jp

セミリタイア。大切なものの選び方

 

f:id:sousei-syousetu:20190831163443j:plain


こんにちは、蒼生です。

今日はセミリタイアをお題にして書きます。今回は

メメント・モリの精神があれば大切なものは選べる!です。

 

セミリタイアとは

FIREFinancial Independence, Retire Early)

経済的な独立を得て、早期にリタイアすること。

www.souseinovel.work

セミリタイアを何故選ぶのかは上の記事をご覧ください。

 

今回は選ぶか選ばないかの段階について話します。

ややシリアスな話になります。(今回の記事でセミリタイアが自分にとって必要かどうか考えるきっかけになればいいなと思います)

 

セミリタイアは

労働を人生から意識的に排除していく生き方です。

なぜそうするのかと言えば

人生は有限だからです。

この感覚は、分かっているようでいて、実の所ほとんど忘れがちな感覚です。

蒼生もよく忘れています。

 

 

 

以前読んだ本に禅僧のこんなたとえ話が載っていました。

ここに一杯のお茶があるとして、

これを味わって飲むのか、それとも渇きを癒すために急いで飲むのか。

人生もこの一杯のお茶のように、すぐに無くなってしまうだろう、と。

  

人生がもしそんな呆気ない物だとしたら、どうしますか?

西洋にはメメント・モリラテン語らしい)

死を思え

という言葉があります。

  

  

蒼生はこの言葉が好きです。

さっきのお茶の話にしても、死の話にしても不吉だと言って避ける人がいます。

でも、それはとてもアンバランスな考え方だと思います。

生は常に死とともにあります。

そして我々は一人の例外もなく(ケインズの冗談を借りれば)死亡率100%なのです。

問題は、早いか遅いか、そしてどのように終わるかだけなのです。

 

何故生きている段階で死を思え、なのか。

それは

終わりを考えた瞬間に、今という時間に意識が向かうからだと思います。

今やっている事の意義も死を考えた瞬間に分かります。

もしかしたらどうでもいい事に一生懸命になっているかもしれません。

それを手放すかどうかの判断を、死は手伝ってくれます。

 

人生はつい

終わりなくダラダラと続く連載のようになりがちです。

そのうちもっといい話にしよう、面白くしよう、なんて考えているうちに

打ち切りになります。

 

その打ち切りのタイミングは残念ながら本人にも誰にもわかりません。

でも、いつ打ち切りになってもいいように用意する事は可能です。

 

セミリタイアによって、自由な時間を生み出し、それによって用意をすることができます。

完璧とまではいかないかもしれません。

しかし最善を尽くす事はできます。

 

 

 

けれどこういう話をすると

死ぬなんて、そんな先のことを考えるなんて。(しかも若年の20-30代で)

そう笑う人が現れます。(死を意識の外から締め出したがる人達は、それを笑ったり避けたりする傾向にあります)

でも考えてみてください。子供の頃から今まであっという間じゃありませんでしたか?

 

蒼生は、最初に紹介した一杯のお茶の話のように、あっという間にけっこう飲んでしまった気がします。

この勢いであっという間に飲みつくしてしまうかもしれません。

   

そもそも人生が子供にとっての八月のように

いつまでも終わらないように感じてしまうからかもしれません。

でも八月はあっという間に終わりますし、寿命という点では平均寿命前に終わる可能性だってあります。

いつ終わるかはわからないのです。

 

 


もっと身近なもので寿命を例えてみましょう。

 

今日は8月31日です。

公園ではセミが鳴いています。

セミは一週間しか生きられないそうです。

最初はたくさん鳴いていたセミもいつのまにか数が少なくなってしまったようです。

ずいぶん静かになりました。

夜は涼しいくらいで、すっかり秋めいてきました。

あと何日かわかりませんが、今日が最後とばかりにセミが鳴いています。

 

 

 

 

自分に与えられた一生がもしセミの一生なら、今は何日目でしょうか。

 

残りの日数をあなたは何をして過ごしたいですか?

残りの日数でそれは可能ですか?

可能で、もしその達成条件に時間があるのなら、

セミリタイアを選びましょう。

 

人生は、繰り返しますが一度きりです。

  

 

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

 

u0u0.net

  

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

PIXIVFANBOX https://www.pixiv.net/fanbox/creator/40704350 

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel