蒼生 セミリタイア。生きること自体の問いに答える生き方。

小説家兼イラストレーターの蒼生が気ままに書いているブログ。Twitter https://twitter.com/sousei0303 mail: sousei_novel@yahoo.co.jp

夏目漱石 夢十夜 第九夜 悲劇

www.youtube.com

こんにちは、蒼生です。

YOUTUBEで見る前に低評価ボタン押す人がいるのって知名度のあるインフルエンサーくらいだと思ってましたが、自分みたいな非インフルエンサーでもあるようです。

見てるか見ていないかはアナリティクスでわかるので再生してないのに低評価って、性格悪くて暇人だなと思います。低評価押すのが仕事だと思っているのかもしれません。

まあそんな変な人間もいるのだということが分かり、勉強になりました。

 

 

今日は夏目漱石夢十夜第九夜です。

時は戦国。

ある晩外に出たまま帰ってこない父の無事を祈って、母が毎夜子供をおぶってお百度参りにいく。

けれど・・・

というお話。

この話は最初に伏線があって、この時点でほぼほぼみんなオチを予想できると思います。そのオチが予想できている状態だからこそ、必死に父の無事を祈ってお百度参りをする母の一途さがつらい。

八夜の明治の日常からのこの落差。

小説はやはり構造!!!ですね。

悲劇は他にも3夜、5夜、7夜などがありますが、

九夜は直前に平和な日常ものを配置しているせいで余計に

壊される日常というテーマが生きています。

蒼生は小説は構造によって感情を動かすものだと思っています。

日本の小説は構造よりも感情を重視しているので海外のものを読むほうがいいと言っていたある有名な小説家がいましたが

夏目漱石はある程度構造を重視していると思います。

森鴎外もです。(短いながらも二部構成になっている高瀬舟をぜひ聞いてください)

youtu.be

(ただ程度問題ですね)

感情をあおる文章で感情を動かすのはさすがに無理があると思うし

浅くなりがちに思います。

 

社会貢献度の高いアルバイトで副収入

 

文章は感情とは遠い表現媒体ですから。

一番近いのは音楽です。

それから構造の部分がちゃんとできていないと長編は成り立たない。

長編と短編では同じ作家でも得意不得意があるというのはそういう点なのかもしれません。

 

夢十夜もあと一夜となりました。

終わったらまとめますが、間違いなく一時間以上になります。

なので寝るときにでも聞いてください。

  

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

 

 

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

  

小説ただひとは下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

urx2.nu

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

PIXIVFANBOX https://www.pixiv.net/fanbox/creator/40704350 

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel