蒼生 ゲーム開発開始! 生きること自体の問いに答える生き方。

小説家兼イラストレーターの蒼生が気ままに書いているブログ。Twitter https://twitter.com/sousei0303 mail: sousei_novel@yahoo.co.jp

夏目漱石 夢十夜 第五夜とラノベもかったるくて読めない層がいるらしい

www.youtube.com

こんにちは、蒼生です。

今日は昨日寝落ちして編集できなかった夢十夜 第五夜です。

気づくと自分は虜になっていた。

時代ははるか昔の神世。

主人公は戦に負けて敵の大将の前に引き据えられて殺されるところだった。

けれど愛した女に一目会いたいと申し出て…

 

タイムスリップものです。

一話以来の恋愛ものです。

 

 

以下ネタバレ

 

一話が死に別れてからの再会なのに対し、

第五夜は死に別れる前に一目会おうという物語です。

けれど会えないままに死に別れてしまいます。

天邪鬼が鶏の真似をしたせいで、女の乗っていた馬がびっくりして女もろとも淵へ堕ちてしまったのです。

主人公はどういうわけかそれを知っていて、以来天邪鬼を憎み続けているという終わり方です。

 蹄のあとはいまだに岩の上に残っている。鶏の鳴く真似まねをしたものは天探女あまのじゃくである。この蹄のあとの岩に刻みつけられている間、天探女は自分のかたきである。

これ、どういうこと!??

主人公は物語の中では虜になってて、女が来るのを待っているだけ。

しかも朝になったら殺されるので、出て行って確かめることはできないはず。

なのに、その状況を超越した視点。

この一文はまるでずっと後から思い返すかのような表現!

夏目漱石ともあろう方がこんな初心者がやりがちな視点の不一致をやるはずがない。

何か仕掛けでもあるのか??

あれですか?

前々前世から・・・とかいうアレですか???

 

社会貢献度の高いアルバイトで副収入

 

この最後の一文は謎すぎるのですが

それ以外は抑制のきいた表現で、シチュエーション的にこの前読んだ太宰治走れメロスを思い出すものがあるのですが、

淡々と虜になっていることや、女を待っていることや、神世の服装などなどが書かれています。

読みやすいです。

ただ、他の夢十夜よりも読みにくかったです。

なぜかよくわからないのですが、たぶん音的なものでしょうね。

黙読と音読では全然違いますから。

ちなみに音読してて一番読みやすかったのは

芥川龍之介蜘蛛の糸です。

音にも気を配っている感じがしました。

羅生門はそうでもないです。

youtu.be

 

先日気になるつぶやきを見つけました。

それは、ライトノベルですら最近は読むのがしんどくて読めない。

文学的な表現がダルイ。(ライトノベルでさえ!)

スーパーライトノベルとでもいうべきなろう小説のように、(ネット小説のこと)

会話文だけで成り立つようなものがいいし、それに振り切れなかったからライトノベルはなろう小説に負けたのだ。

だからライトノベルは、なろう小説を見習って、台本のようにリライトした方がいいのではないか、という意見です。

いやー、、、正直ライトノベルでさえ読むのがしんどいのか!とびっくりしました。

(私はライトノベルは内容的にしんどいので読みませんが)

文学的な表現がだるい、心理描写とかいらない。そういう声をよく聞きます。

なろう小説のような「台本形式」が読みやすい!だからそうしろ!というのが最近の流れなのかもしれません。

 

私はこれは重要な意見だと思っています。

最近はマジで本を読めない人が多いらしいのですが、そういう人が増えた結果従来の形式で書かれた本は売れなくなったということなのだと思います。

地の文をはぶいて台本のように会話文だけにしてしまえという意見にはびっくりしましたが、

そういうものが求められているのでしょうね。

そういうものに振り切れれば、小説も売れるのかもしれません。

 

YOUTUBEに文学の朗読をあげていて、この前ようやくデータをとれたのですが

見ている人は30代以上です。30-60代。

若い人はほとんど見ていない。

30代以上がアクセスするのはたぶん教養を求めているからだろうと思います。

有名な作品くらい知っておきたいけど読む時間がないからということかなと思います。

60代はたぶん目が悪くなって読むことができなくなったから。

10-20代は興味を持っていない。

自分が想定していた以上の相違がありました。

  

ラノベ読むのは若い人が多いらしいのですが 

仮にラノベですら読むのかったるいという層が、夏目漱石とか森鴎外の深淵な世界に興味を持つかと問われれば、絶対持ちそうにない。

それどころか、おそらく、わからない言葉多すぎて門前払いされているような感じになるのだろうと思います。

わからない言葉が一つでもあれば、それでもう読むのをやめてしまうらしいです。

だから中学生や小学生でもわかる言葉だけで書いておくというのが

記事を書く時の鉄則らしいのですが、それが小説・・・それもライトだといわれていたラノベ界隈でも起こっているのかとびっくりしています。

 

小説は今後どうなるんでしょうね。

LINEみたいなやりとりの小説形式に変わっていくのかもしれませんね。

 

物語自体の需要はおそらく変わらないので

表現の仕方だけ変えていけば小説も生き残っていけるのだと思います。

 

ただ、自分はなろう小説形式は受け入れがたいと思うところが多いです。

会話文ばかりで逆に読みにくいと感じてしまうのは、

自分が古いからなのでしょうか。

  

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

 

 

 

u0u0.net

  

小説ただひとは下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

urx2.nu

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

PIXIVFANBOX https://www.pixiv.net/fanbox/creator/40704350 

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel