小説イラストレーター蒼生のなんでもやってみるブログ

小説家兼イラストレーターの蒼生が気ままに書いているブログ。Twitter https://twitter.com/sousei0303 mail: sousei_novel@yahoo.co.jp

ドラクエ5実況 ラスボス戦とドラクエとFFについて考察

www.youtube.com

こんにちは、蒼生です。

ようやくドラクエ5終わりました。LV50まであげるとさすがに楽勝でした。

ミルドラースアイテム使用せずに倒せました。

というか新人のキラーマシングレイトドラゴンの有能さ!!

勇者と勇者の父いらない!!

ボス戦でも一部攻撃無効って最強じゃん!!

しかもかなり撃たれ強いし。全然回復しなくても大丈夫。

というわけでミルドラース戦第一第二形態ともに倒しました。

そしてエンディング。。

 

ドラクエ5まとめ

シナリオはすごいつまらないけど

ゲームとして面白い。でもエンディング始まったとたん「ああ・・・」ってなった。

良いところ

・ゲームシステムがシンプルで分かりやすい。作戦は魔物に任せられるので楽、あといっしょに戦っているようで、それ自体も面白い。

・カジノ、魔物、名産博物館などやりこみ要素が多い。

   それをやっていればシナリオを忘れられる。

ミニゲームが凝っている。こういう小さなゲームが一つ一つ凝っているので子供が熱中できるのかなと思う。

メタルスライムという存在

 適当に進めてレベルが足りないときに狩りに行く特別な存在。逃げやすく仕留めにくいという設定もいいと思う。FFにはこういう特別な存在がいないので、いるとそれだけでレベル上げという作業が楽しくなるのだとわかった。

・音楽がいい。

 

ドラクエ、ゲーム自体としての面白さに焦点をあてた作りでFFとの違いもあり

なぜ面白いといわれるのか分かった。

そもそもFFとドラクエは目指しているゲーム像というか、重視している点が違う。

ドラクエはFFのようにシナリオを追いかけるようなゲームではない。(FF的なプレイをすると、シナリオの強度が弱いのでつまらなすぎて耐えられなくなる。LIVE実況という試練がなければ何回も投げ出しそうになっていたしたぶん投げ出した)

ドラクエは寄り道してこそのゲームなのだ。必然膨大な時間を必要とするので子供などの自由時間が多い人を対象とする。

FFの批判でよく自由度がどうのというのがあって、一体なんのことを言っているのかと思っていたが、これはドラクエ的自由度(時間がいっぱいあってゲームの中に没入し、やりたいことがいろいろできる)ことを言っているのだろうとなんとなくわかるようになった。

ドラクエの自由度は、一つ一つのミニゲームの作りこみから成り立っている。

名産博物館とかカジノとか魔物図鑑とかはっきりいってシナリオには全然関係ない。でもこの部分がしっかり作りこまれているので寄り道ができる。

ドラクエはシナリオがなくても成り立つゲームだ。ゲームというものを重視している。だからシナリオにそこまで力を入れていないんだろうなと思う。

逆にFFはシナリオが核になっていて、全部のシステムがこれのためにある。ゲーム性は極論そこまで必要ない。「ロールプレイング」のためのゲームだ。ミニゲームはそんなに重視していない。シナリオに関係ないから。なくても成り立つしプレイヤーも気にしない。

逆にシナリオがダメダメだと全部崩壊する。

FF的な作り方の場合シナリオはダメだけどゲームは面白いというのはない。FF12以降シナリオがダメだと言われているがシナリオがダメだとFF的ゲームの場合魅力全部がなくなるのであえて膨大な時間をかけてゲームをする必要がなくなる。小説とか映画とかいくらでも代わりはある。

(自分はFF7.8.9.10.12はプレイした。12はシナリオがつまらないので途中挫折)

ドラクエをやってみてゲームの面白さとは何かという部分で新しい気づきを得られた。

やっている間はつまらなくてものすごくストレスを感じることも多かったけど、それでもクリアして気付ける部分も多かった。

 

ゲーム実況が終わったので

これからは朗読にもっと時間を割いてチャンネルを作っていこうとおもいます。

そして自分の作品の朗読もあわせてやっていきます。

名作文学などは教養として聞くこともできるかと思います。

朗読動画はものすごく制作時間がかかってしまうので

短編でも一日二日かかってしまいます。

それでもなんとか作っていこうと思うの

チャンネル登録など応援よろしくお願いします!

これからもがんばって作っていきます。

 

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

https://twitter.com/sousei0303

チャンネル登録もよろしくね!!

朗読VtuberSOU Channel - YouTube

 

小説ただひとは下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

urx2.nu

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

PIXIVFANBOX https://www.pixiv.net/fanbox/creator/40704350 

 

Twitter 作品やつぶやき。https://twitter.com/sousei0303

twitter.com

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel