蒼生 セミリタイア。生きること自体の問いに答える生き方。

小説家兼イラストレーターの蒼生が気ままに書いているブログ。Twitter https://twitter.com/sousei0303 mail: sousei_novel@yahoo.co.jp

VtuberSOUモデルの配布と使用マニュアル(Facerig導入)

www.youtube.com

VtuberSOUモデルダウンロード手順と

 Vtuber作業環境構築編

 

こんにちは、蒼生です。

VtuberSOUの方もだいたい安定して動くことが分かったのでこのモデルを、同じように動画などで使ってみたい方に向けて開放します。

VtuberSOUモデルは、絵が描けない。LIVE2Dの知識がなくてモデルを動かせない。でもキャラクターを使って動画を作ってみたいという方向けに開放していますので、使ってみたい方はこのページのダウンロードページからダウンロードしてください。

VtuberSOUモデルは

YOUTUBEや他の動画サイトでの利用OK(収益化もOK)

・カスタマイズOK(普段は肩から上くらいしか動いてませんが実は腕や足もあります)

・使用モデル名VtuberSOUと動画の説明欄とかの一番最後に書いてくれると嬉しい(任意)

・モデル及び画像の二次配布禁止(何らかの創作の道具として使い、これ自体を配布する行為は禁止します)

・朗読が得意なアンドロイド。なのでどんな声も出せる!あなたの声と動きに合わせて動画をつくれます。

 

こんな感じです。

カスタマイズについては自由にやってください。アイテムを増やしたり蒼生のモデリングを変えたいと思った時や腕や足も動かしたいというときなど、自由にやってください。(蒼生も必死でモデリングしたんですがあまりうまくいっていない箇所もあります)

では、導入の仕方について説明します。

 

 

 

まずSOUモデルをBOOTHダウンロードページでダウンロード。モデルデータと画像が入ったPSDとカスタマイズ用データの三種類入っています。

sousei - BOOTH

(SOUモデルとサムネを作るときに便利な表情違いの画像を46枚とカスタマイズ用にLIVE2Dデータを入れています)

「VtuberSOU7」というファイルを解凍します。(他は今の段階では必要ありません)

 

Vtuber環境構築編

・撮影環境の用意

まずFACERIGで表情のトラッキングをするためにWEBカメラが必要になるので用意します。

ノートパソコンなどには最初からついているものもありますが、デスクトップなどの場合は下記のようなWEBカメラを用意する必要があります。蒼生も使っています。

安価で小型なのにとても画質が良く、Vtuber用途以外にもビジネスやスカイプなどでも使えます。FACERIGといえばなベストセラーモデルなのでWEBカメラがパソコンについていない場合はこちらの購入をお勧めします。面倒な設定は必要ありません。USBをつなぐだけでOKです。


 

 WEBカメラの音声そのままでも悪くはないのですが、周りの騒音も一緒に入ってしまいます。また、誰かから話しかけられたり、せき込みたくなった時などに備えて手元でマイクのオンオフができるヘッドセットがおすすめです。イヤーパッドがふかふかで疲れにくく、蒼生もこれを使用してゲーム実況をしています。

(手元のマイクONOFFはVtuberなどのライブ配信では地味に必要な機能になるので、15分以上配信する予定があるなら買っておいて損はありません)


 

・ソフトのダウンロード

撮影環境が整ったら次にFACERIGとLIVE2Dmoduleの導入をします。

STEAM のサイトに行ってSTEAMをまずダウンロードしてください。

f:id:sousei-syousetu:20190520145132j:plain

STEAM

STEAMの検索バーにFACERIGとLIVE2Dmoduleを入力して購入します

FACERIG 1480円

FACERIG LIVE2Dmodule  398円

 

VtuberSOUモデルをFACERIGの中に入れる。

https://sousei.booth.pm/items/1379227

上記のBOOTHのダウンロードページからZIPファイルをダウンロードし、解凍してください。

次にVtuberSOUのフォルダをSTEAMの下記の場所に格納します。 

C:\Program Files (x86)\Steam\steamapps\common\FaceRig\Mod\VP\PC_Common\Objects

f:id:sousei-syousetu:20190520160127j:plain

これでFACERIGでVtuberSOUモデルが使えるようになります。

 

それではFACERIGを起動して撮影のための設定をしていきます。

FACERIGをインストールすると目玉のアイコンが表示されるのでこれをダブルクリックして起動します。

FACERIGのトップ画面が出てきたら「LAUNCH」を押して起動します。

f:id:sousei-syousetu:20190520150017j:plain

下記の画面が出てきます。一番右のアドバンスUIは詳細を設定するときに使うイメージで、通常はこの画面でOKです。表情の自動トラッキングの横にあるリップシンクですが、これはLIVE2Dとは相性が良くないようなので使わないことをお勧めします。

f:id:sousei-syousetu:20190520151243j:plain

最初は一番右のアドバンスUI(詳細設定)で詳細を設定していきます。

f:id:sousei-syousetu:20190520151827j:plain

一番上のアバターボタンを押して下へスクロールすると「?」と表示されたアイコンが見つかると思います。それを押してください。一度起動すると、次回以降スクリーンショットをとって勝手にアイコンにしてくれます。

f:id:sousei-syousetu:20190520152128j:plain

その下の背景ボタンで背景を選択できます。蒼生はいつも森かタイルを使っていますがお好きなものを選んでください。

何かと合成した動画を作りたい場合はクロマキー用のグリーンを選択します。

f:id:sousei-syousetu:20190520152455j:plain

一番下にある歯車を押して言語タブから日本語を選択。これで全部日本語の表示になります。

f:id:sousei-syousetu:20190520152711j:plain

設定の一般の項目4つを全部変更 します。

せっかくキャラクターを使っているのに、WEBカメラに映る自分の映像が出てしまいかねないのでここは忘れずに!

f:id:sousei-syousetu:20190520153846j:plain

トラッカーでインプットするカメラを選択します。

 

 

ウェブカメラを使っているので画像のようになります。

 

これで基本的な設定はできました。他の項目は好みでいじってください。

 

それからVtuberSOUモデルはご覧の通り足まであるモデルなのですが、通常は肩から上くらいしか映していません。

モデルを拡大するには

 

Alt+マウスのスクロールボタン(手前)

モデルを移動するには

Alt+マウスのスクロールボタンを押し込む

でできます。

 

 

以上でOKです。最初は録画して編集したものをYOUTUBEにあげていき、慣れてきたらライブ配信なんかにもチャレンジしてください。

最後までお読みくださりありがとうございました。

一応YOUTUBEのチャンネルがあるのでこちらでSOUモデルがどんな風に動くか見ることができます。(再生リストのただひとのEP15以降がそれになります。)

 

SOUチャンネル https://www.youtube.com/channel/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

 

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍http://qq2q.biz/RWa5

Twitter 作品やつぶやき。

twitter.com

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel