小説イラストレーター蒼生のなんでもやってみるブログ

小説家兼イラストレーターの蒼生が気ままに書いているブログ。Twitter https://twitter.com/sousei0303 mail: sousei_novel@yahoo.co.jp

小説ただひと EP20-2決断

youtu.be

こんにちは、蒼生です。

今日は絶対忙しくて動画を作る余裕なんてないので夜中に今日の分の動画を作ってます。完成後午前中に投稿します。

 

王都編が終わり、ディオンの事件があってからのEP20-2決断です。

ディートリヒは男性の名前を付けられた女性です。

(このエピソードはいつかもっと詳しく描写できればなと思っています)

昨年は大学入試で女性だからという理由で一律減点されるような耳を疑う実態が明るみにでましたが、日本の男女平等ランキングは先進国中最下位。女性だからという理由で様々な不合理、女性差別を感じてきた女性は多いのではないかと思います。

自分は今ではクリエイティブ系の仕事についているので能力のみで対等に扱ってくれる人たちに出会うことができましたが、フリーランスになる前は女性って損だよなーと思う事が多々ありました。女性に生まれただけで大損する日本。(でも戦前戦中なんかと比べると改善してきているとは思います)あと差別があるとその人たちの能力が十分発揮されないのでその分差別されない側も頑張る必要が生じ結果的に損してしまうと思います。

経済の本なんか読むと、あらゆる差別は不合理で、経済的損失を発生させてしまうとわかります。経済では人間は性差、国籍その他の条件がなんであろうと、一人の人間として扱われ、価値を生み出す主体として計算されるので、差別によってその個人が活躍できない社会は、自ら好んで損失を発生させているマズイ状態になります。

だからあらゆる差別は倫理的理由以外にも経済的理由からなくすべきだと思います。

女性差別なんて、人口の半分は女性なんだから、それを不当に扱ったりしたら経済的損失半端ないですよ)

 

ディートリヒは男社会の中で男のようにふるまおうとしていたとアウダスは言っています。ディートリヒの黒歴史を知るアウダス。

冗談で言ってみましたが、ディートリヒはアウダスによってその能力を見出され、今では女性としてその力を発揮しているので男のようにふるまっていた時期が黒歴史になるのですが、もしアウダスに見出されていなければ相変わらずだったはずです。

でも、男のようにふるまうように強いられている女性って現実ではかなり多いと思います。一番は労働条件が男性と一緒というケース。女性管理職が増えたら、こういう事は減るのかなと思います。女性には様々な理由から男性と同じ条件では働くのが難しい場合があります。とはいえ別に女性にあった労働条件にしても、生産性が一緒なら構わないのではないかと思うので、変わればいいなあと思います。

 

ディートリヒは将軍になり、アウダスは隊長になってソロンを追うことになります。

ヘリオス達と立場が近くなりました。ここからアウダスがずっとパーティーに入り、主戦力として活躍してくれます。(ゲームになったら間違いなくアタッカー)

今回は平和な回でしたが、次からまたRPG的なアクションが多くなります。

 

アマゾンのキンドルアンリミテッドでただひとを読めるように登録しました。

キンドルで読み放題の方は「小説ただひと」で検索してみてください。続きを読むことができます。

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍

http://qq2q.biz/RWa5

Twitter 作品やつぶやき。

twitter.com

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel