蒼生 ゲーム開発開始! 生きること自体の問いに答える生き方。

小説家兼イラストレーターの蒼生が気ままに書いているブログ。Twitter https://twitter.com/sousei0303 mail: sousei_novel@yahoo.co.jp

ハイレベル参拝(修行!)磐船神社へ行こう!

磐船神社(いわふね神社)へGO!

友人に誘われて磐船神社に行ってまいりました。

こちらの神社は先代旧事本紀に天照国照彦天火明奇玉神饒速日尊(あまてるくにてるひこあめのほあかりくしたまにぎはやひのみこと = 饒速日命)が天の磐船に乗って河内国河上の哮ヶ峯(たけるがみね)に降臨されたとの伝承がのっているそうです。(Wikipedia

つまり…神話の世界に出てくるレベルの神社です!

 

 

そしてこちらが社務所

御朱印ももらえますし、天の磐船」(あめのいわふね)の参拝申し込みもこちらです。

f:id:sousei-syousetu:20190102231641j:plain

神社と社務所をつなぐ橋から見た景色がまたとてもきれい!

一月なのですごく寒かったのですが、水の音が心地よく、季節がよければずっとここでのんびりしていたいような綺麗な場所です。

 f:id:sousei-syousetu:20190102231742j:plain

 

天孫降臨の地・岩窟めぐり

磐船神社

道路側からの目印はこの看板です。近くに駐車場があるのでそこに止めることができます。

f:id:sousei-syousetu:20190102231801j:plain

f:id:sousei-syousetu:20190102231830j:plain

磐船神社の中にある

稲荷大明神のお社です。ちょこんとしたお社ですが、野菜やお餅などのお供えがあり、大切にお祀りされています。

f:id:sousei-syousetu:20190102231906j:plain

 

そしてこれがご神体です!

岩です!しかもかなりでかい!!

その前にある建物が拝殿です。うっかり拝殿の方を拝んでしまいそうでした。

いやあそれにしても大きい。ビル二階以上あるんじゃないかなぁ。

ちなみに岩窟巡りという名の修行を経ると上の方からこのご神体を見ることもできます。

f:id:sousei-syousetu:20190102231927j:plain

こちらが拝殿。↓

建物の奥じゃなくて背後にご神体があります。

f:id:sousei-syousetu:20190102231942j:plain

 そしてこの拝殿の横にあるこの朱色の柵。これですこれが入口です。

午前中は雨でぬれて入れなかったんですが、午後には入れるようになりました。

社務所で受付をして入ります。

f:id:sousei-syousetu:20190102232002j:plain

f:id:sousei-syousetu:20190102232022j:plain


Let's 岩窟めぐり

・服装は汚れてもいいもの

・靴は動きやすいもの。(私もブーツをはいていたのですが、スニーカーを貸していただけました。)

・かなりハードなので十歳以下のお子様やご年配の方は参拝できないようです。

・とにかく身軽に!リュックとかカバンとかも持っていかないほうがいいです。挟まって動けなくなります。(マジで)

 

さあ、はじまりました。

え?これ参拝?冒険じゃなくて?という入口です。

急な階段があるので降りていきます。

手すりがあるのでここはまだEASYモードです。

磐船神社

ここから先はとにかく白い矢印を頼りに進んでいきます。

巨石が見事なバランスでお互いを支えていて、その間に空間があります。とても神秘的な場所ですが次第にハードモードになっていきます。

磐船神社

水が流れているのでひんやりしています。

進むにつれて外の光も入り込まない程暗くなってきます。手探りで進んでいく感じ。

携帯のライトモードで矢印の位置を確認したりしながら、

え?これどうやって進むの?ていうか進めるの????

という場所を必死に進んでいきます。なかばロッククライミング

外に居る時は寒い寒いと言っていたのに、

むしろポカポカしてくるくらい運動します。

え?これ進めるの?という巨石の間の小さな隙間に片足ずつ突っ込んで滑り込みます。

生まれ変わりの穴だそうで、息を切らしながら滑り込みます。

一緒に行った人と

友人「生まれ変わった?」(無事だった?)

自分「うん、生まれ変わった」(…なんとか無事)

という会話をしつつも、穴を抜けたあとは安堵感がすごかったです。

生まれ変わりの穴を抜けたあとのこの空からさしこんでくる光の神々しさ!

「ああ、生まれ変わったーーーー!!」

という体験ができます。

そして人生もそうですがまだハッピーエンドのラストではありません。

まだまだここからですよ。

岩の中本当に暗くて自分も何度か矢印を見失いがちでした。

こういうのあるといいかもしれませんね。


 

 

いやいやいや、なにこれ地下の工事とかで使ったり洞窟を探索したりするときに使うやつじゃん。と思うかもしれませんがまじそんな状態です。

こんなハード参拝したことないです。

写真ももう何撮ってるかわからない。

必死でロッククライミングしてます。 

洞窟の奥に小さな滝がありました。

見えない滝だそうです。

ほんと見えない。

その後もロッククライミングしてようやくたどり着いたのがこちら。

龍神様の祠です。

巨石の間にできた奇跡的な空間に小さな鳥居やご供物などが並べられています。

この空間だけはちゃんと立てるくらいに広さがあり、足場もしっかりしています。

写真を見ても分かる通りとてもきれいです。

ご供物も葉っぱの色がよくて新鮮なもののようですし、、、今までの苦労を思うと毎回ここまで来て神様をおまつりしている神社の方々すごすぎませんか。

そして今度は祠から出口へ向かいます。

この写真は巨石の上です。ここからどうやって出たらいいのかわからなくてしばらく岩の上でうろうろしてました。高さがけっこうあって落ちたら骨おりそうな高さ。。。。

地上からは男性と女性の難所と格闘する声(悲鳴)が聞こえてきました。

ああ、わかるわかる。

ちょっとの間岩の上にいたんですが、ここから出ればいいんだと分かって岩と岩の隙間を進んでいきます。ここまでくるともう大丈夫。ノーマルモードです。

そしてようやく外にでて伝説の地

階段を駆け上がり天岩戸に到着です。

天照大神がここで引きこもって出てこなかったという。その場所です。

 

 

www.youtube.com

 

一風変わった神社をお探しの方、体力には自信のある方、ぜひ磐船神社へ。

修行が終わるとお札を頂くことができます。

これで岩窟修行終了です!!

ありがとうございました!

磐船神社お札