蒼生 ゲーム開発開始! 生きること自体の問いに答える生き方。

小説家兼イラストレーターの蒼生が気ままに書いているブログ。Twitter https://twitter.com/sousei0303 mail: sousei_novel@yahoo.co.jp

ディオン表情差分

 

こんにちは、蒼生です。

ディオンのカットと表情差分ができました。(というかずっと前からできてたんだけど上げるの忘れてました)

f:id:sousei-syousetu:20200403160521j:plain

ディオンのカットインは魔弾が使えるようになってからなので

通常武器(猟銃)ではなく魔銃装備にしています。

f:id:sousei-syousetu:20200403160618p:plain

表情はどんどん増えていってます。

セレーネの倍くらいになってる。こうやって描いてみると、ディオンの感情の幅が割と広い事がわかります。

こうやって表情差分を書いていると子のキャラならこういう顔をするよな。とか、あのシーンではこの表情を使いたいな。というのが浮かんできて、普通に描いているときとはちょっと違う感じ。

あとアウダスとディートリヒもできたんで

フェディーナのイベントをけっこう作れるようになりました。

フェディーナは・・・マップがめっちゃ大変だった。。。

たぶん王都と学徒もこんな感じになりそう。いや、王都はもっと大変かぁ・・・

 

作業監視カメラ替わりの録画です。今こんな感じで作ってます。

BGMはデフォルトで入ってるのを今使ってますがもうちょい出来たら音楽外注する!

www.youtube.com

 

 

 

 

▼支援▼

ご支援をお待ちしております!

PayPalを通じて寄付する:https://paypal.me/sousei
・匿名で寄付:http://donate-api.recorder.duapps.com/donate/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

・Patreon https://www.patreon.com/sousei0303/posts

 楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_c288de123c/items

AMAZON https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/41ZZBUPQUYFC/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

 

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel

 

vv

20200402 芸術を切り捨てるというは自国のアイデンティティを捨てるということ

  

 こんにちは、蒼生です。

日本がどうして自国の文化に対して冷淡なのか、

それは文化の捉え方にあると思います。

日本人の多くは文化や芸術をエンタメとか暇つぶしとかそういうくだらないものと考えています。

でも世界を見ると文化を戦略的に育て、保護し、優秀な外交官としてつかっている国もあるのです。

視点の違いでしょう。

日本人の多くはそういう視点を持っていないがために文化大国でありながら大損をしています。そしてコロナ騒動のようなことがあれば切り捨ててしまいます。

 

   

 ▼支援▼

ご支援をお待ちしております!

PayPalを通じて寄付する:https://paypal.me/sousei
・匿名で寄付:http://donate-api.recorder.duapps.com/donate/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

・Patreon https://www.patreon.com/sousei0303/posts

 楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_c288de123c/items

AMAZON https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/41ZZBUPQUYFC/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

 

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel

20200401 芸術家を名乗ろう

 

こんにちは、蒼生です。この記事を書いてからずっと考えています。

日本の芸術家がいかに国民側から軽視されているかについて。

www.souseinovel.work

そのためTwitterのプロフィールをかきかえました。

日本の芸術家の地位が低いので

芸術家を名乗ることにしました。

f:id:sousei-syousetu:20200401093328p:plain

どんな時もいつもここからです。

最悪の事態はいつもあらたなチャンスを包含しているものです。

だからここから変えていきましょう。

今はまだ自分だけが芸術家の地位向上!と言っているだけですが

もっと大きな形にして、

いつかそんなの当たり前だろ?って言われるような日本になってほしい。

そんな名実ともに芸術大国文化大国の日本になってほしい。

 

そんな記録をTwitterとブログで書いていこうと思います。 

 

 ▼支援▼

ご支援をお待ちしております!

PayPalを通じて寄付する:https://paypal.me/sousei
・匿名で寄付:http://donate-api.recorder.duapps.com/donate/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

・Patreon https://www.patreon.com/sousei0303/posts

 楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_c288de123c/items

AMAZON https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/41ZZBUPQUYFC/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

 

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel

コロナ騒動で考える日本の芸術家の地位

 

こんにちは、蒼生です。

昨今新型コロナウィルスが猛威を振るっており、

経済・医療・文化あらゆる面で大きな打撃を受けております。

先日は経済に関しての記事を書きましたが

経済よりも深刻な分野があることに気づかされました。

https://www.souseinovel.work/entry/2020/03/27/101240

今回はそれについて書こうと思います。

 

 

日本は残念ながら芸術にお金以外の価値を見出さなかった

経済よりも深刻な分野とはずばり芸術分野です。

なぜ芸術分野が経済分野よりも深刻かというと、日本においては見捨てられやすい分野であることがこの騒動ではっきりとしたからです。

私は従来芸術分野は経済の一領域であると考えてきました。

実際文化芸術産業は毎年巨額のGDPを稼ぎ出しており(2016年の文化庁資料では10兆超え、それ以降の別の資料では14兆と書いているものも。農林水産分野が5.8兆なのを考えるといかに巨大な産業かわかります)

その額は日本のコンテンツの人気とあいまって政府の目のとまるところとなり

クールジャパンなどといわれるようにまでなりました。

経産省も、日本の文化産業を育てていき「稼ぐ柱」として

現在550兆未満のGDPを総額600兆まで押し上げたいという期待をこめた資料まで作っております。(文化産業は物に依拠しない産業なので従来の工業などで売り上げを伸ばすよりもそれは容易なのではないかと思います)

政府は平時においては文化産業に期待し、税収をあげるための稼ぐ柱として期待しているのです。私はそれでいいと思っておりました。

日本のコンテンツ産業が世界的に人気になっていけば経済面でも潤うし、人々の信頼や尊敬も自然に集まっていくのだろうと思っておりました。

(日本は昔から自国のものに価値があるとは思えない国民性らしく、文化も物も輸入したがります。それは別に進取の気性ということでいいのですが、でもそれは自国の文化を軽視する姿勢とセットのようです。そのため文化でも物でも、大したことないと思っていた自国のものが海外で評価されるようになってはじめて評価できるようになるようです。他人の目で評価するという日本文化らしい特特徴だと思います)

 

好きなことで稼いでいるのなら大変な目にあって当然だという謎の一般認識

けれどコロナ騒動で一変します。

クールジャパンや稼ぐ柱として期待されていた文化産業を政府も国民も真っ先に切り捨てました。

まず最初に悲鳴があがったのは演劇界やライブなどを行う音楽界です。

これらは多くの人を集め、ともに分かち合うことを主眼においている文化産業です。

密室で多くの人が集まるため感染しやすい環境であることから、そうした場所に行くことが避けられるのは仕方ないのですが

もっとも深刻だと思ったのは政府の無責任な自粛要請です。

 

日本は戦前から上の者が責任を取らず下の者に無理をさせる構造があると指摘されています。それを可能にするのは日本人の高度に発達した忖度能力です。

今回政府が自粛要請(お願い)をしただけで多くのライブや演劇が忖度して一斉にイベントを中止しました。

お願いしただけでここまで動いてくれる国民はおそらく他にはないと思います。普通は強制力や補償を合わせてようやく動いてくれるのですから。日本人はコスパのいい民族です。

でもだからただのお願いであなたたちは動いた。自分で決定した。

という忖度という優しさへの過度な依存が発生しているのです。

上の者が適当なことをしていても下の者が無理をしてなんとか帳尻を合わせるという構造がまたもや発生しています。 

 

演劇界や音楽界は自粛要請に応じることで多額の赤字を背負い込み、明日の生活すらわからなくなっている人が大勢表れています。

普通政府の要請に応じて受ける損失ならば、完全ではないとしてもきちんと補償されるべきものです。それが国民を守り、産業を守る政府としての責任というものです。そのために普段国民は税金を払っているのですから。

なのに現政府はそれを拒み、赤字の補填は無理だと言っています。

ただのお願いに応じたのはそっちだよね???

という優しさへの甘えが透けて見えます。

それにはさすがの演劇界や音楽界も窮状を訴えたり、要望をあげるようになりました。

www.asahi.com

www.msn.com

www.asahi.com

 

無計画でふわっとした政府の自粛要請のせいで大きな経済損失を被っているのですから当然の主張です。

ですが、今度は恐るべきことに

一般の人々が貧窮している彼らに罵声を浴びせるようになりました。

・好きなことをして稼いでいるのだから辛いのは当然

・こうなることも分かっていてその道を選んだんでしょ?(今の窮状は自己責任)

・みんな辛いのだから文句言うな(みんなで不幸になろう圧力)

・政府から自粛を求められるような事業で稼いでいるのが問題。(!?)補填を求めるのは筋違い(!???) 

こんな心無い罵声を、政府の「無責任なお願い」を聞いた結果窮状に陥っている人々に向けて放つ同じ国民が後を絶ちません。

お殿様の奢侈を支えるために年貢を納めて、それが一銭も返ってこなくても文句を言わない封建時代の農民を彷彿とさせる光景です。

忖度と同調圧力が日本社会の特徴ですが

こうした罵声が出てくるのは芸術分野にかかわる人々への職業差別があるからにほかなりません。

・好きなことをして稼いでいる人は楽なことをして稼いでいるのだから辛い目にあっても見捨ててもいい。(仕事はつらくて嫌なものという固定観念

・芸術なんて腹の足しにもならない。中小企業が救済されるのは妥当だが、芸術分野はその必要がない。(工業商業に比べ劣っている)

・そもそも世の中に不要なもの。

 文化産業は立派な産業であり、その生み出すものはSONYTOYOTAが生み出すものと変わりありません。

実際莫大なGDPを稼ぎ出し、納税し、人々の社会と生活を支える一部です。

芸術分野にかかわる人々も国民でありそれぞれが税金を払って国の財政を支えているのです。もし政府の要請に従って損失を被るなら救済措置をとられるべき対象です。

bijutsutecho.com

 

日本と違い本気で芸術を救おうとするドイツ

平時はクールジャパンといって税収増を見込み、もてはやしていたものの、

風向きが変わったとたん文化産業を救済する気がない日本政府とは違い、

文化の救済に本気の国があります。

ヨーロッパの工業国であり世界第四位の経済大国ドイツです。

ドイツは今年国の英雄ベートーヴェンの生誕250年だったため、本当に数多くのイベントが企画されていたことと思います。それらがすべてコロナの影響でつぶれてしまったのですから損失は莫大なものだったでしょう。

けれどドイツは決してそれを日本のように見捨てたりはしませんでした。

「われわれは、しかし、現在の状況にあって、文化は良き時代においてのみ享受される贅沢品などではない、と認識しています。ある一定期間、文化活動を諦めなければならないとすれば、それがどれほどの喪失であるかも、われわれは理解しています」

「われわれは、自己責任ではない困窮や困難に対応し、これを救済しなくてはなりません。これは、経済的な救済であるだけなく、中止・キャンセルによって激しく揺さぶられている文化の世界を救うことでもあるのです」

グリュッタース大臣は「コロナウィルスは、文化国家としてのドイツを形成している多くの芸術家のライフスタイルに対する大きな脅威でもある」との認識を示した。

ぜひ全文を読んでほしいと思います。

ドイツは日本円にして約6兆円の芸術保護予算を発表しています。それはドイツにとって芸術がいかに大切なものであり守るべきものであるかということを強い決意とともに示しています。

はっきり言って日本人は日本の文化産業を昔から大したことがないもの

言葉を極めるなら不用品(ゴミ)だと思っていて、有事には真っ先に切り捨てても構わないもの、と政府のトップから一般市民に至るまで思っているということがコロナ騒動で明らかになりました。

この事実を濁して和らげてはならないと思います。

そんなの思い込みだなどと誤魔化してはいけません。

実際これほど明白に捨てられようとしているのですから。

 

 

けれどドイツだって昔からこれほど芸術家の地位が高かったわけではありません。

ベートーヴェンは芸術家だがモーツアルトは職人だったというのは、音楽が好きな人ならどこかで聞いたことがあると思います。モーツアルトはあれほどの才能があっても貴族たちの暇つぶしのために才能を供し、地位の上でも物を申すということが滅多にありませんでした。

けれどベートーヴェンは当時としては傲慢ともとれる態度で芸術家の地位を主張しました。演奏中にしゃべっている人間(貴族・雇い主)がいたら演奏をやめて怒り出し、

王侯貴族が道の向こうからやってきてもふんぞり返って逆に挨拶を受けるという始末です。(同行していたゲーテはその不遜ぶりに驚き憤慨しています)

彼は音楽を高尚なもの(魂を高めるもの)と思っていたので決して従来のあり方(暇つぶし、消費されるものとしての音楽)には屈しなかったのです。

彼の態度と作品によってそれは受け入れられ、そして彼を尊敬する多くの音楽家たちによってそうした考え方が受け継がれていきます。

リストなどはヨーロッパにあるノブレスオブリージュ(高貴さは(義務を)強制する。を意味し、一般的に財産、権力、社会的地位の保持には義務が伴うことを指す。)という考え方を天才にも広げ、その人生と才能を世界のために捧げようとしました。

 

今あげたのは音楽史に限定していますが、ありとあらゆる分野の芸術家がそうした革新運動を行い、芸術の地位を高めてきたのだろうと思います。

だから映画善き人のためのソナタでは音楽が人の良心に訴えかけて人が変わり行いが変わるということを表現したりするのだと思います。

(日本でも音楽作品を扱った文芸や作品が最近増えましたが、扱いが本当に浅いと思います。それは作家側も音楽を所詮消費されるもの娯楽という地位でしか捉えていないからです。もし違うなら、自然とそうした表現になるはずですし、私ならそうします。

同じ芸術家同士でこれなら、いわんや一般の人をや)

 

 

グリュッタース文化大臣の 

現在の状況にあって、文化は良き時代においてのみ享受される贅沢品などではない、と認識しています。

という言葉と施策が果たして今の日本に受け入れられるでしょうか?

私は絶対にNOだと思います。

この言葉が刺さるのは芸術家界隈に限定され、一般の人々は反発するだろうと思います。でもそれは、日本の芸術家の歴代の行いがそうさせているのです。

職業差別を見逃していなかったか。

人々の認識を変えるような努力をしてきたか。

そもそもその作品で人々に尽くしていたか。

私はベートーヴェンの作品で考え方が大きく変わった人間なので、彼の作品と考え方を基準に考えます。(残念ながら日本の芸術家でそれほどの影響を及ぼすような作品と人にいまだかつて会ったことがないのです)

日本で今、コロナを理由に文化とそれに関わる人々を真っ先に見捨てようとする動きは

まさに今までの行いと歴史の終点であると考えます。

ですがこれを今までの区切りとして、今後は変わっていくべきであると考えます。

www.souseinovel.work

 

 

日本の芸術家は人々を救ってきたか?

芸術は最も儚いものです。

腹の足しにもならない。と言われたらその通りだ!と認めなければなりません。

けれど芸術にかかわる者なら、それがどれほどの価値を人々に与えることができるか

知っているはずです。

今はそれを世間一般に認めさせる努力を怠ってきた結果だと思います。

(ヨーロッパでは富裕層の節税候補として芸術への支援があるそうですが日本で何故それがないのか不思議です。税はその国の価値観を表しています)

あっても無くても困らないものとして、芸術によく似ているのが宗教です。

リストは芸術と宗教は似ていると言ったそうですが(ショパンの本だったかな。。でもこういう考え方をするのはベートーヴェンとリストくらいで、他の音楽家とはちょっと違う)宗教でいい教えを唱えていても腹はふくれません。でもその教えは人々の心を豊かにして有形無形の形で助けます。だから多くの支持を集め、無税という破格の地位も得ています。

 

ベートーヴェンの作品が多くの人々の心を救い、圧倒的な支持を得ているのはこういう構図だと思います。腹は全然膨れませんが、それで救われた人が大勢いるのです。

 

今回のコロナの騒動で、日本における文化産業は相変わらず

底辺の被差別産業である事実が明らかになりました。

この認識から出発しましょう。ごまかしてはいけません。そうすれば今までと同じようにずっと軽んじられる底辺のままです。

日本の文化産業はすでに巨額の産業として認識されています。

経産省もこれを稼ぐ柱としてGDP600兆を目指そうなどと皮算用をしているくらいに飛びぬけて稼いでいるのです。そして沢山税金を払ってきました。

でもいくら稼いで税金を払ってもその地位はずっと底辺のままだということが

はっきりしました。

日本国民の多くはいまだ芸術の価値を認めず不用品だと思っています。

不用品が思いがけず金になった(メルカリ?)的な認識でしかなかったのです。

だからコロナで窮地に立たされた時真っ先に見捨てて切り離そうとします。

 

尊敬は決して今のままで得られるものではありません。

私は芸術家という言葉を普段使いません。

エンタメという言葉に至っては嫌いです。

自分のことを芸術家だと思ったこともありませんでした。

しかしこの状況を前にして、自分は芸術の地位を上げられるようにしたいと思いました。(別に呼び方は何でもいいんです。要は姿勢の問題です)

今の状況に不満を持つクリエイターの多くが

一人一人その重い問題意識と理想を背負い、活動を続ければ、

きっと大きく変わるのではないかと思います。

 

グリュッタース文化大臣の 

現在の状況にあって、文化は良き時代においてのみ享受される贅沢品などではない、と認識しています。

という言葉を自然に人々に受け入れてもらえるようにしたいのです。

 

 

 

 

 

 ▼支援▼

ご支援をお待ちしております!

PayPalを通じて寄付する:https://paypal.me/sousei
・匿名で寄付:http://donate-api.recorder.duapps.com/donate/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

・Patreon https://www.patreon.com/sousei0303/posts

 楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_c288de123c/items

AMAZON https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/41ZZBUPQUYFC/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

 

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel

 

セレーネ表情差分

 

こんにちは蒼生です。

最近ようやく初期主要キャラのカットインと表情差分を作り終えて

がしがし作ることができるようになってきました。

セレーネはちょっと作りにくかったです。

目が特に。アニメ塗でこの目を作るのって意外と大変ですね。

f:id:sousei-syousetu:20200327103120j:plain

セレーネ

表情差分はこんなかんじです。

f:id:sousei-syousetu:20200327103125p:plain

ヘリオスやディオンは表情豊かでよくしゃべるのでどんどん差分が増えていってるんですがセレーネは割とこの数だけでなんとかなっています。

どんな時も冷静でちょっと本心を隠している全体的に強い女性なのであまり表情豊かにしなくても足りてしまうようです。

三人の表情差分ができたおかげでかなり色々なイベントを作りこむことができました。

YOUTUBEに作業動画をあげてちゃんと作業しようとしています。動画自体はまじでただの作業動画です。将来的には攻略本のかわりになりそうだなと思ってはいますが、ただ作ってるだけなのでつまんないです。

ていうか作業動画をあげるとサボりにくくなるって聞いたんで

ちゃんと作業を継続させるために配信するというかんじなので自分のためです。監視カメラ替わりですね(笑)

www.youtube.com

 

 

 

▼支援▼

ご支援をお待ちしております!

PayPalを通じて寄付する:https://paypal.me/sousei
・匿名で寄付:http://donate-api.recorder.duapps.com/donate/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

・Patreon https://www.patreon.com/sousei0303/posts

 楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_c288de123c/items

AMAZON https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/41ZZBUPQUYFC/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

 

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel

 

コロナ倒産自己責任論てダサイよねという話

 

 小池都知事が週末出るなというお触れをだし、それに対し

そういうお触れを出すなら補償についてはどうなってるんだ。一言も言及していないという批判があいついでいます。

コロナショックのおかげで既に倒産があいつぎ、株価も暴落しアメリカではトランプ就任以前の水準にまでおちつつあるとか。

「それについて安易に補償を求めるな!」

「コロナで倒産するなら自己責任だ!」

とかいう威勢のいい自己責任論が幅をきかせつつあります。

それについて堀江貴文氏の反論はテンションを抑えた諭すようなものになっています。

 

いつからか分かりませんが

何故か自分ではなく他人に自己責任を求める風潮が一般の人に広がってきたような気がします。

そういう事を言う人は、まず自分に余裕がなくて他人なんかよりまず自分!という思考が透けて見えるときもあるのですが

そもそも社会って何のためにあるんでしょうか。

それについて書くために普段とは違うキャッチ~なタイトルにしてみました。

(キャッチ~度合いが低いかもだけど慣れてないんで許してくれ)

それについて連続ツイートしました。

 

 

今辛い状況にある経営者の方は沢山いると思います。

仮にそうした会社が全部「自己責任」で潰れた場合、また新たに会社が生まれるでしょう。

でも会社を興して軌道に乗せるまでにはまた

失われた〇年とかになりますよね?

飲食経営の方々は半年今の状況が続くと倒産するらしいといわれています。飲食だけでなく関連産業も打撃を受けるでしょう。

自己責任論を振りかざしている人達ってどこから給料もらって威勢のいいことを言ってるのか分かりませんが(経営者より雇われている人の方が多いように思うのは私の見た人が偏っているのか)

 

社会のある一部分を切り離すという事は

次には自分も切り離される側になるという事を

思い出してほしいと思います。

 

そうしてどんどん切り離して切り離されて

残る社会はどのようなものでしょう。

倫理なき弱肉強食がまかり通る世紀末な世界観を指向しているのなら、

どうぞどうぞ。

 

 

 

 

▼支援▼

ご支援をお待ちしております!

PayPalを通じて寄付する:https://paypal.me/sousei
・匿名で寄付:http://donate-api.recorder.duapps.com/donate/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

・Patreon https://www.patreon.com/sousei0303/posts

 楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_c288de123c/items

AMAZON https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/41ZZBUPQUYFC/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

 

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel

 

Helios表情差分

 

こんにちは、蒼生です。

最近はひたすら素材制作です。

 

とりあえずただひとのEP8までの全キャラクターの

歩行キャラチップ

カットイン(必要な主要メンバーだけ)

表情差分

を作っていきます。

まずヘリオスです。

f:id:sousei-syousetu:20200324141534j:plain

Helios

 

これは戦闘時のカットイン用です。体験版EP8まではヘリオス、セレーネ、ディオン…アウダスもかな。その四人のカットインが入るはずです。

これを素材として表情差分も作っていきますが

今必要なのはエフィ、ジーン(エリス編では一瞬しか出ないのに早くも作らないといけないキャラ)

セレーネ、ヘリオス、ディオン、アウダス、ディートリヒ、ソロン、マナあたりです。

街の人とかは表情差分なくてもいいのでそのままです。

ストーリーを作るだけならさくさくできるんで、どんどん先に行ってるんですが、差分がないとあとでやり直し、という部分が増えてしまう。(今はフェディーナの町を作ってる。)

なので、めんどくさいけど素材をある程度作ろうと思いなおし

今やっています。

絵を描くのすごいめんどくさいのでついつい後回しになってしまうんですが、これがないと進まないので。

しかもこれは外注できないのでどこまでいっても自分がやるしかない。

f:id:sousei-syousetu:20200324140950p:plain

Helios表情差分は以前作った流行りの絵柄は全捨てして

ちゃんと描きなおしました。どういうのを描いていたかは以下の記事を見てください。

www.souseinovel.work

流行りの絵柄って今は受けるかもしれないけど将来的にダサくなる可能性が高い。(というか流行の渦中にない、影響を受けていない自分が見て実際ダサいなと思った。流行りの絵が受けるのはそういう絵がその時期いっぱいあって見慣れた人が沢山いる状態だから、抵抗なく受け入れられているだけで、絵自体が優れているわけではない)

 

そのため十年後も受け入れてもらうためにも、そうした影響が少なくなるような絵柄にしました。

具体的には設定画に近い比率の絵にしています。

アニメ塗なのは表情差分作る上ではそちらの方が便利だからです。

これを厚塗りでやると鬼の作業量になります。

そんなの無駄の極致なので手を抜けるところはしっかり手を抜きます。

自分がRPGツクールで作る以上、制作コンセプトは

将来リメイクするときによくできた設計図を渡せるように。

なので末端のクオリティなんか今極める必要なんてない。核心部分だけ作りこんで圧倒的なものにしていれば末端のクオリティが低くても(グラフィックとか)、リメイクするときにちゃんと変えてくれるし逆に作りやすくなるのでそういう方向性でいきます。

今はセレーネもできて、

ディオンを作っている段階です。

他のキャラはまた後日アップします。

小説版はここから↓

sousei.booth.pm

 

 

▼支援▼

ご支援をお待ちしております!

PayPalを通じて寄付する:https://paypal.me/sousei
・匿名で寄付:http://donate-api.recorder.duapps.com/donate/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

・Patreon https://www.patreon.com/sousei0303/posts

 楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_c288de123c/items

AMAZON https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/41ZZBUPQUYFC/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

 

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel

 

ベートーヴェン考 手段としての芸術

 

こんにちは、蒼生です。

先日すぐれた英知・真理といえども、残念ながらそれを受け取るレベルにない人はそれを読んでもその意味がわからない、という事をかきました。

www.souseinovel.work

聖書はその中にすぐれた知恵を沢山含んでいますし、ゲーテが言う通り読み物としてもすぐれています。

自分は別にクリスチャンではなく、むしろ無宗教で、クリスマスを祝って初詣にいってついでにお寺にもいくような一般的な日本人です。

(ついでに家にはコーランもありますよ)

何の宗教も信仰していませんが、それゆえに客観的に聖典を読むことができます。

宗教の残念なところは

どれほど素晴らしいことを言っていても、英知を紹介していても

所詮宗教だろ?とか●●教だろ?という精神的なブロックのせいで

一部の人達に受け入れてもらえないことにあります。

あとは信者というなんの批判精神も持たない・放棄した人達が一言一句を奉り、他人に押し付けようとしてくるところにあります。

 

実は信者も受け付けない人達も、優れた英知から目を背けているという点で全く同質の残念な人々なのですが

宗教が宗教である限り、そうした人達が生まれるのは、もはや仕方がない事です。(あと宗教の本質とは全く無関係ですが、無税になっているおかげでふつうの人達はよけいに宗教とはそういうものと考えがちですよね。無税であることと英知の価値は全くの無関係ですが)

 

ですが、聖典の中にすぐれた英知が含まれていることは事実であり

それは特定の●●教に限定されないからこそ「英知であり真理」なのです。(実は世界の主要な宗教は本質のところでは皆同じことを言っているという意見もあるくらいです。宗教とは人類知をある程度まとめたものといってもいいのではないかと思います。無論人の手や解釈が入ったものの場合、人のフィルターがかかっていることは考慮すべきです)

 

 

その優れた英知に一足早く気付いたがために

知らない人にもそれを教えようという親切な人は昔から割と沢山いるようです。

人格者とか偉人とか言われる人達がその代表ですが、実は名もなき一般人にもそういう人が相当数います。

あなたも会ったことありませんか?そういう人に。

 

www.youtube.com

芸術の世界にもそういう人がいました。芸術家の場合作品が残るので分かりやすいのです。

たとえばベートーヴェンです。

彼の後期の作品は明らかに伝えようとしてきます。

もう必死すぎる、というレベルの丁寧さです。

ですがそれもそのはずです。ある知識を知らなければ三十年その人は苦労するかもしれない。だったらサクッと教えてあげた方がいい。教えてあげればその人のその後の人生は幾分楽になるかもしれない。

いうなれば、掛け算を理解した人が

ずっと足し算でなんでも計算している人を前にして、違う違うこっちのほうがいいよ。教えてあげるからしっかり聞いて。と言っている感じに近い。

だからベートーヴェンの作品に押しつけがましさを感じるという人が一定数いるのも理解できます。

先日の記事でも書きましたが、どれほどの聖人賢者天才も「こう行けばいいよ」と道の先を指し示すことはできても、他人の首に縄をかけて引っ張て行くことはできないのです。

悟りには一人一人ペースがあるという事がわかる事例です。

いくら誰かが親切に教えようとしても、

自分は自分のペースで行くんだ!

て言われたらもうその意志を尊重するしかないし、失敗も含めてそれが人生です。転ぶことも勉強です。

 

 

ですがベートーヴェンは親切で教育熱心なので、

彼から学ぶ事ができたらとてつもない教師を得ることができます。

彼は精神的にも相当高いところに行っていますし、もっとすごいのはそれを形に変えることができたというすさまじい才能と作曲技術を持っていたという点です。

精神的に優れている人は実は沢山います。

才能やテクニックの面でベートーヴェンに匹敵する人も沢山いたでしょう。

けれど両方の条件を備え、しかも自分の才能を自分のためではなく

世界への献身の手段として使った人はそう多くはありません。

楽家ならバッハとリストくらいしか私は知りません。(しかも二人は宗教色の濃い作品が多いので受け入れられる人の数が自然と狭まります)

ベートーヴェンは意図してか否か知りませんが、宗教の枠を超えた作品を色々作っています。彼の成功している作品の多くはそういうコスモポリタンな作品です。

だから様々な国と地域でその作品は受け入れられています。

宗教だからという無駄な精神的なブロックにひっからずにすむからです。

また、音楽は潜在意識に直接働きかけることができるという点でも特別な表現媒体です。

意識の中でしか働く事ができない言葉とは違い、潜在意識に受け入れてもらえればダイレクトに影響を及ぼすことができるからです。

彼はその事をちゃんとわかっていたように感じます。

だから自分の作品が初演では全然理解されなかったとしても

点滴石を穿つようにいつか音楽がその心に染み入ることを期待して

あれほど音楽では説明しているにも関わらず

言葉では説明しなかったようです。

 

 

私はベートーヴェンが好きなので彼の作品から子供の頃から多くを学んできました。それは内容の面でもそうですし、卓越した作曲家としての構成力は実は物語の構成でも学ぶところ大なのです。私は創作においてはベートーヴェンからしか学んでいないといっても過言ではありません。

またその芸術家としての考え方や姿勢においても学ぶところ大なのです。

私はリストも好きなのですがリストは同じ立場で悩んでくれる人です。彼は優しい哲学者です。

ベートーヴェンは残念ながら自分より一段か二段高いところにいて

はやくここまで上がってこいといつも言っているような存在です。

悔しいのですぐにそこまで行ってやる、といつも思っています。

 

聖典がその英知をもって多くの人を助けてきたように

優れた知恵は人を救うものです。

それに到達する手段としては文字があり、絵や音楽があり、自分で悟るという方法があります。

最終的には自分で悟るしかありませんが、聖典や偉大な芸術家が残した作品の数々はその険しい道のりをいくらか楽にする補助輪のような役目を果たしてくれます。

 

芸術は生きるために必須のものではありませんが

あればその荷を軽くしてくれるものです。

もし文字ベースで学ぶのが辛いという人がいれば芸術から学ぶというのも一つの手かもしれません。

人間は記録技術を発明したので、あなたが求めるならいくらでも聖人賢者天才の知恵から学ぶことができます。

 

www.youtube.com

先日見つけたこの演奏。

教会?の中で演奏されている。演奏自体もとても美しいんだけど一番印象的なのは指揮者が時折みせる祈るようなしぐさ。

死後もこんなに作品が愛されて大切にされて、ベートーヴェンは幸せだね。

www.youtube.com

 

 

▼支援▼

ご支援をお待ちしております!

PayPalを通じて寄付する:https://paypal.me/sousei
・匿名で寄付:http://donate-api.recorder.duapps.com/donate/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

・Patreon https://www.patreon.com/sousei0303/posts

 楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_c288de123c/items

AMAZON https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/41ZZBUPQUYFC/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

 

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel

 

 

物事の本質はどこにあるか

 

物事の本質はどこにあるか

こんにちは、蒼生です。

クリエイターなら皆面白いものや価値のあるものを作りたいと思います。

そうでない立場の人も物事の本質について的確につかみたいと思うはず

でも本質って何?価値があるって何??

と皆が思うはず。抽象的な判断基準のせいでほとんどの場合それは判断できず、結局玉虫色の

「人それぞれだよね」

って結論に着地してしまいます。人それぞれだよね、って結局何も考えてないし何も決めてないじゃん、って話なのでもう少し突っ込んだ話をしてみます。

 

以前読んだ本にこんな冗談が載っていました。

今聖書を出版社に持って行ったら、間違いなく冗長で面白くないから全部書き直せ!と言われると。

ご存知の通り、聖書は世界で最も売れた本です。

多くの信者を抱える宗教の聖典なのだから当然だろう、と言われるかもしれません。でも聖書を教養として一度でも読んだことがある人ならわかるはず。

聖典と呼ばれる本の中にはやはり非常に優れた知恵が少なからず含まれていると。

実際聖書には否定できない英知が多く書かれています。

それ故に初期は弾圧されていたのに、後には多くの信者を抱える宗教に育っていったというのが正しい流れです。 

 

どうして先の冗談にも紹介される出版社はその聖書の価値に気付けなかったのか?

という話になりますが、その理由について書いていこう思います。

 

 1、そもそもちゃんと読んでない。 

これがかなりの比重を占めた原因ではないかと思います。

忙しいから作品にちゃんと向かい合う時間を節約しているのです

基本斜め読みでその時その時に目に入ってきた部分を読んでいくので、微に入り細に入りの部分は読み飛ばしていきます。だから結局繊細な英知に気づくことができない。というのが第一の理由です。

 

 

2、大事だと思う価値のベクトルが真逆

書き直せ!というからには聖書には価値がないと判断するなんらかの基準や価値観が必要になります。

この場合は聖書が目指すものと出版社が目指すものが真逆を向いているせいです。聖書が目指すのは悟りとか気づきとか、内的な価値です。売れるかどうかなんてこれっっっぽっちも考えていないでしょう。

対する出版社は売れるものこそ正義です。つまり買ってもらうためのアピールをどれだけやっているか?が作品の価値に直結します。

これがいわゆる「価値観が違う」とか「人それぞれだよね」って表現するような問題です。

この問題が起きた時は、すみやかに価値観の相違を認めて去るなり、話し合うなりするべきです。

でないと、石をパンに変えるとか水をワインに変えるとかいう部分をもっと派手にしろ、とか

ユダが裏切ったりペテロが否認する部分をもっと感傷的に、胸を抉るような表現にしろ、とか十字架上のイエスをもっと悲惨に同情を誘うようにしろとか言い出します。

聖書を一度でも読んだことがある人なら分かると思いますが、まさにゴミのアドアイスです。けれど面白さを勘違いして本質的価値を見誤っている人はこういう頓珍漢なアドバイスを本気でしてきます。あなたの目指すものがそれと違うなら決して受け入れてはいけません。

彼らは売れるかどうかが作品の価値だと思っているので、より感情を煽る方に偏ろうとします。人間の脳の扁桃体という部分を過剰に刺激するような表現を好みます。

それはより本能的で動物的な感情に仕向けるための、人工的テクニックです。

だからペテロについてのこの表現は絶対に許せないでしょう。

さて、イエスをつかまえた人たちは、大祭司カヤパのところにイエスを連れて行った。そこには律法学者、長老たちが集まっていた。ペテロは遠くからイエスについて、大祭司の中庭まで行き、そのなりゆきを見とどけるために、中にはいって下役どもと一緒にすわっていた。

ペテロは外で中庭にすわっていた。するとひとりの女中が彼のところにきて、「あなたもあのガリラヤ人イエスと一緒だった」と言った。するとペテロは、みんなの前でそれを打ち消して言った、「あなたが何を言っているのか、わからない」。

そう言って入口の方に出て行くと、ほかの女中が彼を見て、そこにいる人々にむかって、「この人はナザレ人イエスと一緒だった」と言った。そこで彼は再びそれを打ち消して、「そんな人は知らない」と誓って言った。

しばらくして、そこに立っていた人々が近寄ってきて、ペテロに言った、「確かにあなたも彼らの仲間だ。言葉づかいであなたのことがわかる」。彼は「その人のことは何も知らない」と言って、激しく誓いはじめた。

するとすぐ鶏が鳴いた。ペテロは「鶏が鳴く前に、三度わたしを知らないと言うであろう」と言われたイエスの言葉を思い出し、外に出て激しく泣いた。

マタイによる福音書 福音書のペテロ

もっと過剰にしろ!文章が単純すぎる!こんな作文では人の感情は「煽れない」。

偏桃体を刺激して動物的感情に仕向けることを「感動」だと勘違いしている人は間違いなくそうしたアドバイスをしてきます。(感動と感傷は金と真鍮くらい違います)

でもご存知の通り、聖書でこれ以上の表現は「決してあってはならない」のです。これほどの悲劇は逆に抑制的に表現しなければなりません。なぜなら、聖書が目指しているのは内的な気づきであり、読者の精神的成長なのです。

決してペテロかわいそうー(ノД`)・゜・。(他人事、エンタメ的同情)

とかなってはいけないのです。何故なら、ペテロは読者自身のIFの姿でもあるからです。

 

 

3、そもそも本質的価値に気づけない、理解できない段階

人には常に盲点があります。ストコーマともいうらしいのですが、

人が気付けるのはその人が大事だと思うことに限られてしまいます。つまり大事だと思ったことがないことには気づけないのです。

これはもう、残念ながら人生経験の差です。(※何年生きたかではありません。精神の成長は時間には拘束されないからです。子供でも優れた精神性を持つ人はいますし、何十年生きてもそうでもない人は沢山います)

例えば聖書にはくどいくらい「まいた種はかりとらねばならない」という言葉が出てきます。これは、そういう人生経験をしたことがない人が読んだ場合「ふーん」にしかなりません。これほどの英知であっても残念ながらそうなのです。(なんならくどいから先の出版社ならカットしろと言ってくるかもしれません)

けれどある程度人生の艱難辛苦を味わった人なら、これが大変な真理であることに気づきます。聖書にはわかりやすくするためのたとえ話がいっぱい出てきます。放蕩息子とかイチジクの話とか、これらはすべて「わかりやすくするためのたとえ話」なんですが、この話を本当に表面的にしか理解できない人が少なからずいます。

彼らは自分の人生と本気で向き合っていないので、

このたとえ話の中にある真理が何を指すのかわからないし気づけないのです。

だからより偏桃体を刺激する感傷的でより動物的感情に仕向けるものの方が人生を表していると勘違いしてしまうのです。

 

ですが、これは確かにそうです。

どれほどの聖人賢者天才も「こう行けば良いよ」と道の先を示すことはできても、その首に縄をかけて引っ張っていくことはできません。

歩くかどうか決めるのは自分自身だからです。

転んだことがない人に転んだときの痛みをわからせることはできません。

さらに転んだあとの痛みの先にある気づきを理解させることは至難の業です。(一般に聖典と呼ばれるものの中にある英知はこれを指している)

少なくとも転んだ経験がないと、その意味すら理解してもらえません。

だから、本質的価値に気づけない人が一定数いるのは仕方ないことなのです。

彼らは自分の人生の中で少なからず失敗して転ぶことを学ぶはずです。彼らは転ぶことがまず勉強で、転ぶことに価値がある段階なのです。

そうした後に、転んだ先を理解するステージに移れます

 

冗談ではありますが聖書を書き直せといった出版社はこの段階です。

本質的価値を理解するステージにない人がそう言ってしまうのです。でも実社会でもそういう変なアドバイスをする人はけっこういます。

この世の中、いろんな人がいますから。そういう大学教授も幼稚園児もいっしょくたになっているのがこの世界です。

 

 

◆転ばなくても転んだ先を理解し、気づく方法

ここまでくると結局

転ぶしかないんじゃ、もう転ぶしかないじゃん。失敗するしかないじゃん。もうなんもしたくない。

と自暴自棄的な発想に陥る人もいるかもしれません。

しかし、多くの成功者が証明しているように、転ばずに転んだ先の知恵を入手することは可能です。これは大変意味があることなのにびっくりするほど普通な話なのですが、

ずばり知識にふれること、学問なり読書がそれにあたります。

転ばなくても、先にその危険を察知して疑似体験する方法がこれといっても良いかもしれません。だから聖典はすべて文字に直されてきたのです。

人間がこれほどの文化文明を発展発達させてきたのは間違いなく文字のおかげです。

知識の蓄積を可能にし、一代で終わらず人類の財産としてきたからです。かつては石板、木簡竹簡。最近では写真や動画。ありとあらゆる知識の蓄積が、種としての人間を圧倒的有利な存在に育てあげてきました。

奴隷解放と学問について今読んでいる本にこんなことが紹介されています。

黒人奴隷として当たり前に白人に仕えていた著者が、女主人から文字を教えられます。女主人はそれを誇りとし、その夫もそれを喜んでくれるだろうと思って話したそうです。するとその夫はその事実に大変怒ったそうです。 

ご主人のヒューは妻の単純さに度肝をぬかれ、おそらく初めて”奴隷制度の真理”と、自分たちが奴隷を管理するのに必要なルールを説明した。彼は…妻に奴隷の教育を禁じ…それが危険で法律に反する行為だと説明した。彼自身の言葉を引用すると…

「くろんぼは甘くすればますますつけあがるものだ。奴隷は主人の望みを知り、それに従うことだけ知っていればいい。学問は最高の奴隷を台無しにしてしまう。あの黒んぼにーーわたしのことだがーー聖書の読み方を教えれば、奴をここに引き留めておけなくなり、奴隷の義務を果たさなくなるだろう。…奴に読み方を教えたら、今度は書き方を教えてくれといいだすだろう。それを覚えたら、ここから逃げ出すに決まっている」

これが御主人ヒューの真の奴隷訓練法の主旨だった。彼が奴隷と主人のあるべき必須条件を明確につかんでいるのは確かだった。

フレデリック・ダグラス「私の束縛と私の自由」

 日本には人種的奴隷制度がないので、私はこれを今世間でよく取沙汰される「ブラック企業」の文脈を思い出しながら読んでいました。

かつてカトリックが聖書を独占していたように、かつて黒人奴隷が教育を与えられなかったように、そして今もあらゆる国、文化において

人が人を支配するさいに用いられるのが知的格差です。

 

学問は最高の奴隷を台無しにしてしまう!

 

これはあらゆる分野に共通した法則です。

無知であることは奴隷化される危険をもつことに限りなく近い

知は力なり、は真理です。

大人が子供を支配できるのも(身体的格差を除けば)知的格差があるからで、ブラック企業において企業が良い大人を支配できるのも、相手が労働法制などに無知で支配しやすいからです。頭がいいと反抗してきます。なんなら知識という武器で逆に負傷させられます。(労働法制なんかまさにそれ。戦った方がいいよ)

知識は武器なので、支配する側はそれを絶対に相手に与えたくはないのです。

 

 

支配・被支配の関係のみならず、

知識はその人自身を助けます。

だから転ばずに転んだ先の英知に到達する手段として

多くの成功者は本を好むのだと思います。

(逆にそうした目的意識がない人だと勉強してるのにバカ、になります。勉強して教養を深めたはずなのに全然盲点が狭まらないのです。だからどうせ勉強するならちゃんと目的意識を持った方がいい)

 

つまり何周も回って、成功者たちが口をそろえて言う

本を読め

は真理です。

教養を深めることは盲点を減らす行為です。

あれも知ってる、これも知ってる。というのはあらゆる微細なことに反応できる素養を持つということです。

聖書に語られる真理が一見地味で「ふーん」で終わりそうなのに代表される通り

真理は本当に地味です。

目の覚めるような、スプラッターや華美さは一切ないのです。

だから教養を深めると石の中にまぎれたそれらに気づきやすくなります。

 

 

そしてもう一つの方法が

自分の中に問いを持つ

です。自分の子供の頃は常にこれでした。子供の頃の対大人との知的格差は圧倒的なのにすぐには埋められません。無駄でもなんでも、長く生きていると経験という知識をそれなりに集積していきますので、生まれて間もない子供にいきなりその時間的なハードルを越えることは不可能です。(法学の父といわれるグロティウスくらいの神童・天才ならともかく、普通は無理です)

 

前述したとおり、人には盲点があります。

盲点があると、仮に優れた英知が目の前にあってもそれに気づけません。

だから盲点を埋めるために本を読み、教養を深めるのですが、勉強にはそれなりの前提知識が必要になるので当時小学生の自分にはそれもハードルが高かった。そもそも読めない漢字だらけでしたから。

 

それでも私は支配されたくなかったので、教養がなくてもそれに匹敵するそれを超える方法に早い段階で気づきました。

それは自分の中に問いをもつということです。

 

自分の中に問いを持つという方法は前提知識すら必要としなくなります。

真理は前述したように地味です。そして実は日常にあふれています。気づけないだけなのです。

だから自分の中に問いを持てば、教養を深めるよりもコスパよく、低いハードルで

真理に到達できることに気づきました。

後に知ったことですが、これは古代の哲学者や僧侶がとっていた方法です。(ギリシャの哲学者や古代の僧侶は知識量ではハーバード大学生に負けるでしょう。でもそれ故に劣っていると思う人は一人もいないはずです)

彼らは問うことで情報に敏感になり、盲点を意図的に狭め、真理に到達することができたのです。

そしてこれは子供でもできることです。

知的、身体的に未熟であってもできる方法であることは、私が証明しています。

そして真理に気づくことは、知は力なり。の核心部分にいきなり到達することです。

 

求めよ、さらば与えられん

 

というのは聖書の言葉ですが、これは人の盲点を狭めるための具体的アドバイスの言葉とも捉えられます。

それから

自分の中に問いを持つと自然と視座が高くなります。

自分でも問いを持つ状態と持たない状態では雲泥の差があると実感しています。

視座が低い状態というのは一つ一つの問題や情報に拘泥しやすくなります。視座が低いと情報同士の関係性が見えないのでジョブズ風にいうと 

conecting dots(点と点を結ぶ)

ができない状態になっています。けれど視座をあげると見渡せるものが多くなるので自然と他の情報との関係性が見えてきて、点と点を結ぶことができます。

問いを持つというのは探し求めている状態です。

世界について情報を求めるよりも先に自分の中の情報を点検して使えるものはないか見るのは自然の成り行きです。

その探し求め、自分の中を見渡している状態がいわゆる「視座が高い」状態なのです。

conecting dots が起きるためには自分の中に情報を蓄えることも必要ですが、

それ以上に

視座が高い状態である必要があります

子供の頃、私の中には大して情報は蓄積されていませんでした。それでも自然とこの状態が起きていました。このことからもわかる通り

必要なのはいつも条件ではなく、やるかやらないかその意思だけです。

人間の脳は無いなら無いなりに、不便なら不便なりに最善の結果をだそうとなんとか頑張ってくれるものです。


 

物事の本質はどこにあるのか。本質的価値はどこにあるのか。

そう探す前に、あなたは目の前にある地味な真理に気づける状態にあるか?

自問してください。

 

表題の問いである

物事の本質はどこにあるか

の答えは、常に目の前にある。です。

あなたが気付き、受け取る準備さえすればいいのです。

それは転んで痛い目にあったとき、教養を深めたとき、自分の中に問いを持っているとき、自然と見えてきます。

そうすれば、

聖書を書き直せ!という架空の出版社のような愚を犯さずにすむかもしれません。 

 

 

▼支援▼

ご支援をお待ちしております!

PayPalを通じて寄付する:https://paypal.me/sousei
・匿名で寄付:http://donate-api.recorder.duapps.com/donate/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

・Patreon https://www.patreon.com/sousei0303/posts

 楽天ROOM https://room.rakuten.co.jp/room_c288de123c/items

AMAZON https://www.amazon.co.jp/hz/wishlist/ls/41ZZBUPQUYFC/ref=nav_wishlist_lists_2?_encoding=UTF8&type=wishlist

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

 

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel

 

ギバー、テイカー、マッチャー。奪う人・takerと与える人・giver

  

 こんにちは、蒼生です。

今日はギバー、テイカー、マッチャーについて話します。

そもそもこの用語、聴きなれない人もいると思うので説明します。

これはアダム・グラントさんの著書「GIVE and TAKE」で紹介されているもので、人の三種類のタイプの事です。

ギバー、与える人

マッチャー、与えられれば返す人

イカー、奪い続ける人

人口の割合としてはマッチャーが一番多いとされています。

ギバー=25%
マッチャー=56%
イカー=19%

そして、この三タイプの中で一番成功するのはギバーだとされていますが、

同時に大きく失敗するのもギバーだとされています。

あなたの周りにも与えるばかりで損している人いませんか?

ギバーが大きく失敗する理由はテイカーの存在にあります。

イカー、奪う人は他人の感情、時間、物、お金などを奪うことになんの躊躇いもありません。音楽家でいうとワーグナーが典型的テイカーで私の大好きなリストは間違いなくギバー。

(音楽史わかる人ならわかると思うけど、改めて最悪の組み合わせだったんだなぁ、と)

↓リスト知らない人は聞いてみて「詩的で宗教的な調べより、孤独の中の神の祝福」

www.youtube.com

 

 

イカーは人を道具のように見るので、相手を利用価値で判断します。

お金を持っているならお金をたかるし、スキルを持っているならスキルを教えろとせがむし、感情的なギブを際限なく要求する場合もあります。

望み通りに相手が与えてくれないと怒ったりします。

イカーは人から奪うことしか考えていないので、ほとんどの場合マッチャー(与えられたら返す)な世の中、大きな成功は望めません。煙たがられてしまいます。

だからテイカーは本能的にギバーを求めます。

ギバーは与える人なので、テイカーにも与えます。けれどテイカーに与えた場合、吸血鬼と付き合うことになります。

けれどテイカーの存在をさければ大きな成功を手にします。

今社会的に大きな成功をおさめている人の多くはギバーです。ギバーという目で見れば、彼らはギバーだったから多くの応援と大きな成功を得たとも言えます。世の中の多くはマッチャーなので、ギバーから与えられると返そうとするからです。

 

 

 

そのため一番の問題は自分がギバーだった場合、どうやってテイカーを避けるかという話になります。

 

ギバー、テイカー、マッチャーはたぶん先天的な物なのではないかと私は思います。

自分は子供の頃学校で水遊びをした時、替えの服を持ってきていない人に自分の服を貸してあげた事があります。でもお陰で自分は濡れたままなので教師に注意されました。

なんでそんな不合理な事をしたかというと、目の前の友人が寒そうだったからです。

自分は耐えられそうな気がしたからです。

大人になってもやっぱりその傾向は変わらず、昔薄給で会社員をしていた時東日本大震災が起きて、自分は預貯金の多くを被災地への義援金として送らなければと感じ、衝動的にそうしました。たぶん四、五十万だっと思うのですが、先輩が寄付しすぎだと引いていて「あ、そうなんだ」と気付きました。でも自分は元気で健康だったのでお金はまた稼げば良いやくらいに思っていました。

その時もやっぱり、可哀想に感じたからというのが理由で、それ以外の理由はありませんでした。

自分の親は虐待するような親だったので、親の教育ではないのは確かです。

ギバーは先天的なものだと思うのはこれが理由です。

ギバーは共感力が高くて他人の事を自分のように感じてしまう傾向があるのだと思います。

だから誰かが助けてくれと言うと、論理ではなくそうせずには居られなくなるのだと思います。

  

 

でもギバーはテイカーに狙われます。

イカーはいつも自分に利益を与えてくれるギバーを探し求めています。(マッチャーは相手にしてくれないから)

自分も色々経験したので大人になってかなり用心深くなった気がします。

特に十代の終わりに才能に恵まれない多くの自称クリエイターのテイカーにたかられた時期は地獄でした。

イカーが奪うのはお金だけではなく、相手が持っている全てです。

相手が子供でも関係ありません。

私の場合は才能の成果物でしたが、それで相手の未来を奪っても心ないテイカー達は痛くも痒くも無いのです。

でもその後は比較的安定しています。

自分の経験上、

イカー出現率が高いのは実世界よりも

ネットの世界 だと思っています。

リアルの世界ではテイカーはだいたいマッチャー達から排除されていますのでそういう所に行かなければ会わないようです。

けれどネットでは様々な制約が無いのでテイカーはギバーに近づきやすくなっています。

また実際の関係が無いので相手から奪うことに躊躇がない。音信不通になれば奪ってトンズラもできます。

一般にインフルエンサーと呼ばれる人達はギバーが多いです。

ギバーだったから多くの人に支持されるのだと思います。

例えば、インフルエンサーのリプライ欄に地獄のようなリプライが続いているのをみた事が有りませんか?最近では前澤さんなんかが特にそうですね。

twitter.com

彼は本当に与えることに躊躇がない典型的ギバーです。でもだからその性質と影響力でより多くのテイカーを集めてしまいます。

  

 

彼のようなインフルエンサーでなくても、ネット上でテイカーに会うのはそう難しいことではありません。ネットでは社会的地理的あらゆる制約が無くなるからです。

例えばよく聞く、

フォロワーを増やすためにフォローして、フォローが返ってこなければフォローを外すというやり方。

これはイカーでないと思いつかないし出来ない事なのではないかと思います。

これを実践している人は相手を道具としてしか見ていないので、テイカー認定して距離を取るべきです。彼らはあなたに興味なんてありません。どうやってあなたから奪うかしか考えていない人達です。

でもこれは分かりやすい例かもしれません。

イカーの多くはそうだと気付きにくいと言われています。

詐欺師なんかがその例で、あんなに良い人はいないと思っていたと言われることが多いです。 

 

 

イカーはその性質上、自分に利益をもたらさない相手に冷淡か無関心になるとされます。

私はTwitterの方では無料で絵の描き方を教えたり、画材を無料でプレゼントしたりしていますが、与える以上自然とテイカーが沢山集まります。

Amazonギフト券目当てのテイカーは当たらなければ消えていきます。スキルを教えてくれとせがむテイカーは、実際にわからない所を教えてあげるともう用が済んだという事で消えていきます。

たぶん相手は子供なんですが、やっぱりテイカー、ギバーというのは先天的なものなんだなと思います。

 

その為、イカーかどうか見分けるためには相手が求めるものを察して、

自分はその期待に添えないということを表現するのが効果的です。

 

例えばお金を求めるテイカーには、自分は貧乏だと偽り

共感や時間を求めるテイカーにはそんな暇はないとまずは言ってみる。

私がTwitterのプロフィールにフォローしませんと書いているのもその一つです。

 

twitter.com

 

まあ、冷たい。というやつです。(笑)

けれどこれで離れて行くなら高確率でテイカーです。あなたがカモになってくれないので失望して離れて行ったのです。

その時はトラブルに巻き込まれなくて良かったと胸を撫で下ろしましょう。

それでも離れていかない人は、安全な人です。

本来のあなたで付き合えば良いと思います。

 

いかんせん、ギバーは天と地の差が激しいタイプです。

地獄を見るギバーは本当に哀れです。それも人助けをした結果そうなるので悲惨としか言いようがありません。

なのでギバーは自分を守る術を持ちましょう。

少しだけ、相手に共感して衝動的に助けようとする心を留めて、相手の反応を確かめるだけでいいのです。それでだいぶリスクを抑える事ができます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 [ アダム・グラント ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2020/3/17時点)

楽天で購入

 

 

 

▼支援▼

ご支援をお待ちしております!

PayPalを通じて寄付する:https://paypal.me/sousei
・匿名で寄付:http://donate-api.recorder.duapps.com/donate/UC-NfNdvZhGMxUMLxgr_eSaw

・Patreon https://www.patreon.com/sousei0303/posts

 

 

ツイッターのフォローも大歓迎。

蒼生    https://twitter.com/sousei0303 

VtuberSOU https://twitter.com/VtuberSOU

チャンネル登録もよろしくね!!

YOUTUBEチャンネル SOUと蒼生のチャンネルがあるよ!

u0u0.net

u0u0.net

  

小説は下記サイトにアップしています。ぜひ読んでみてください。

BOOTH 

sousei.booth.pm

キンドルアンリミテッド「小説ただひと」電子書籍 http://qq2q.biz/RWa5

NOTE 

https://note.mu/sousei_novel